« HGBF ビルドガンダムMk-2 | トップページ | メカニックコレクション ヴァルヴレイヴⅥ 火遊 »

2013年11月16日 (土)

LBX ドットブラスライザー・ジーエクスト

ウォータイムの最重要機密を狙うワールドセイバーの登場によりクライマックスを迎える「ダンボール戦機WARS」。
最終局面に向け開発されたドットフェニックスとアラタの愛機ドットブラスライザーが合体し、ウォーゲーム史上でも
最強クラスの機体となるドットブラスライザー・ジーエクストが誕生したわけですが、その合体ギミックを楽しめる
ダンプラ最大級ボリュームのキットがついに登場。

ドットブラスライザーは最大出力駆動時の全身を真紅に染めたクリムゾンモードを再現したカラーリングで成型され
通常状態とラグナロクフェイズ・クリムゾンの変形が可能。
ドットフェニックスも支援機としての姿と追加武装としての姿の双方を再現し、ドットブラスライザーとの合体が可能。
ボリューム満点・遊び甲斐満点の傑作と言える内容になっています。

 

パッケージ

1
234

パケは従来の倍近く、ライディングソーサー同梱キットに迫る厚みを持っていますが、この箱の中に
みっちりとランナーが詰め込まれています。

 

ドットブラスライザー・クリムゾン

567

全身が真紅に染まったクリムゾン状態を再現すべく赤メインの成形に変更されており、、ヒーローチックと
ミリタリーチックの折衷を感じさせていた通常版とは異なった趣を見せてくれています。
なお、成形色以外の要素、付属品・ギミック・可動性は総て通常版と同じですので、通常版レビューも併せてご覧ください。

080910

マルチギミックサックのギミックや、ブラストマグナム三段変形は通常版同様に搭載。
もちろん他キットのMGSを背負わせることも可能です。

 

1_22_23_2

ラグナロクフェイズ・クリムゾンに変形すると、各部から露出するイエロークリアが従来版以上に
周囲との対比を際立たせてくれるため、パワーアップ感がさらに増しています。

4_25_26_2

こちらの形態でも通常版で出来ることは総て可能。
大腿部シリンダーの引き出しがユルユルなのも引き継いでおりますので、大腿部を組み上げる前に
大腿部シリンダーのレールを瞬着等で太らせてテンション割増にしておくことをお勧めします。

 

ドットフェニックス

1_32_33_3
4_35_36_3

ドットブラスライザー専用支援機となるドットフェニックス。
この形態では、レールガンの根元可動くらいしかギミックは備わっていません。
底面の穴にスタンドを取り付けることで、浮遊展示が可能です。

3_44_4

ついでに付属のスタンドをご紹介。
支柱を差替えることで、ドットフェニックス展示向けの短支柱とジーエクスト展示向けの長支柱を
切り替えることが出来るようになっています。

 

合体シークエンス/ドットブラスライザー・ジーエクスト

まずはジーエクストへの合体シークエンスからご紹介。

1_42_43_5

ドットブラスライザー本体は、MGSを取り外し、膝シリンダーと脹脛のフタを閉じ、
発光手首のヴァリアブルクローを取り外し通常手首の篭手に差し替えます。

ドットフェニックスは、まず上下に分割した後、下側を前後に分割。
前半分は衝角と機首に分離してグリップを差し替えで起こし、
後半分は接続ジョイントからエンジン部を引き抜きます。

MGS・ヴァリアブルクロー・接続ジョイントは合体時に余剰パーツとなります。

4_55_46_4

ドットフェニックスのエンジン部は、前後に分割しドットブラスライザーの脚部に挟み込む形で装着。
上半分は機首とレールガンを持ち上げ、機首部根元の肩当てとなる部分と接続ジョイントを起こし、
接続ジョイントをドットブラスライザー背中の穴に差し込んで、肩当てを本体に密着させれば取付完了。

最後に、工程3で作成した衝角を剣として右手に、機首部を盾として左手に装備させれば合体完了となります。

1_52_5

オーレギオン・ミゼルオーレギオンに匹敵するボリューミーな機体となったジーエクスト。
従来版にも同じ工程で追加武装を装着させることは可能。
脚部だけはドットブラスライザーへの装着のみ考慮されていますが、両手の武器は全LBXが保持可能、
バックパック装備はMGSギミック搭載機やそれに類する背面軸受けを持つLBXであれば装着可能となっています。

なお、脚部形状的に自立不可能なため、展示にはスタンド必須となります。

3_64_65_5

可動面では足首が動かず膝可動が狭まる以外はドットブラスライザー単体と大幅な変化は無し。
バックパックに搭載されるレールガンは、根元可動で前方に向けることが出来るようになっています。
ボリューミーな全身、巨大な手持ち武装のおかげで、多少の可動阻害は気にならないほどに
外連味溢れるポージングが可能となっています。

 
 
 
 

Photo

来月はWARS最後の敵と目されるディ・エゼルフィがリリースされるほか、ハイパーファンクションにて
初代ラスボスとなるイフリートがこれまた特大ボリュームでリリース。
そろそろ今後の展開が気になってくる頃合ですが、さてどんな機体が飛び出してくるか・・・?

|

« HGBF ビルドガンダムMk-2 | トップページ | メカニックコレクション ヴァルヴレイヴⅥ 火遊 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。