2011年8月12日 (金)

リボルテック レーバテイン最終決戦仕様

今月のリボルテック新商品として、以前にも一度最速立体化を謳い文句にリリースされ箱様式の変更に伴い
新装版として再販もされたフルメタ最終主役機レーバテインが、原作最終巻メリダ島奪還作戦を再現するための
緊急展開ブースター他を追加した最終決戦仕様として三度目のリリースとなりました。

レーバテイン用緊急展開ブースターといえばロボ魂版でも商店売りでリリースされておりましたが、こちらは一般販売分。
この破格のボリュームはなかなかお目にかかれるものでもないので、ロボ魂版緊急展開ブースターを備えられなかった人だけでなく
フルメタファン、ロボトイファンにもオススメできるアイテムとなっています。

 

パッケージ

23
456
789

パケはゾイド等と同じ特大サイズのパッケージ。
緊急展開ブースターがまるまるそのまま封入されているのでやむなし、といったところ。

ARX-8+XL-3 レーバテイン+緊急展開ブースター

01

まずは何も装備していないプレーンな状態から。
多少の塗装変更等はあるそうですが、基本的には単品版と変更ありません。
付属品類も単品版のものはそのまま全て封入されています。

2_23_24_2

可動部位は首二重・肩・肘・手首・腹・股関節・膝・足首
手首以外の関節部位と膝ガード・アンクルガードはリボ玉接続。首は二連ジョイントになっています。

5_26_27_2

差し替え手首はナイフ持ち手・銃持ち手が左右に、デモガン専用と貫手が右のみ、開き手が左のみ
武装類としては、対戦車ダガー2個、単分子カッター2個、ショットキャノン、デモリッションガン一式(本体・延長砲身・マガジン2個・砲身連結部)・
AS用手榴弾2個に、散弾銃ボクサー2個・アサルトライフル2個(脇のサブアーム部と差し替え)・ガトリングガン2個
本体差し替え用付属品としては、放熱索放出頭部・肩部追加装甲+妖精の羽・脇腹用サブアーム2個・
肩部追加装甲用サブアーム・単分子カッター収納膝アーマー・ガトリングガン懸架パーツ・XL-3緊急展開ブースター
その他付属品としてリボスタンド・踏み込みエフェクト土台・ブースター装備時用自立補助スタンド
元々付属品が多かったアイテムにさらに武装類を盛り込んだため、非常に盛りだくさんの内容となっております。

8_29_2A

フル装備状態はこんな感じに。
単品版ではデモガンの延長砲身は肩部用サブアームにつかませての保持となり安定感に欠けていましたが
本来は緊急展開ブースターに懸架する際に使用する連結ジョイントパーツを用いることでより安定的に保持できるようになりました。
放熱索はクリア成型で、付け根で向きを変えることが出来ます。

1_22_33_3
4_35_3

フル装備状態でポージング。
サブアームは三本とも二連リボジョイントでの可動。手榴弾を持たせてやることも出来ます。
相変わらずデモガンの保持が難しいのが困りどころ。グリップは回転もスライドもしないので、
無理やり持たせて根元からバッキリ逝かない様に注意して扱ってください。

で、緊急展開ブースターをはじめとする最終決戦に旅立つ完全武装状態への換装は

F1F2

腕と脇腹のサブアーム蓋をはずして、腰のジョイントにガトリングガン+ガトリング懸架パーツ、脇腹にアサルトライフルを取り付けて

F3F4

デモガンの懸架用ジョイントアームを外して緊急展開ブースター右腕側の連結アームにデモガンを取り付けて
ブースター本体を背中の形状に合わせてはめ込んで腕を取り付けて固定すれば換装完了。
〆にブースター背面部の穴に自立保持用スタンドかリボスタンドを取り付けてやらないと倒れるのでご注意を。

F1_2F2_2

かなりの迫力を持って訴えかけて来る緊急展開ブースターの存在感たるやかなりのもの。

F3_2

緊急展開ブースターには、翼のフラップ計四箇所の可動と、左手側タンク根元のリボ玉可動、
ブースター付け根部分での上下可動のギミックが備わっています。ミサイルは分離できません。

F2_3F4_2F5

完全武装でポージング少々。
ブースターの連結方法の都合上肩部の可動が著しく制限される上に脇のアサルトライフルと腰のガトリングガンが加わり
腕周りの扱いがかなり大変なことになります。
散弾銃ボクサーにはポンピングとマガジン脱着のギミックあり。
デモガンはブースターに連結したままでも何とか構えることができるようになっています。

 
 
 
 

Photo

最後はロボ魂版最終決戦仕様と並んで〆。
どちらにも一長一短ありますが、やはり一番の差は販路でしょうかね・・・。
ロボトイとしてかなり楽しめる内容量ですので、リボレーバ手に入れたことのない人には特にオススメです。

| | コメント (0)

2011年7月24日 (日)

WF'11夏限定リボルテック 武御雷 Type-00F

当サイトではしばらくぶりとなるリボルテック新作は、ワンフェス’11夏のホビーストックブースにて発売されていた、
新機軸リボルテックマブラヴ第一弾となる武御雷のType-00F、つまりは赤い月詠機でございます。
ちなみに本日は限定でない紫のType-00Rも先行発売されていましたが、即完売でした・・・。

リボルテックの扱いやすさとお手ごろ価格での戦術機リリースは、A3の販路や価格、ブキヤプラモの複雑さとポリの強度から
敬遠していた方にとっては朗報となるのではないでしょうか。

というわけで、まずはリボ戦術機の第一弾ということでご覧頂きたいと思います。

 

パッケージ

123

パケはいつのまにやらこうなっていた、最近のリボパッケ仕様。

 

武御雷 Type-00F

45

真紅のボディの武御雷といえば月詠さんの機体、というのが多くのオルタプレイヤーの印象だと思いますが
どうやら最近派生シリーズでこのType-F乗りが登場したらしいですね。
設定上複数存在しうる機体なので別段おかしなことはないんですけどね。

678

可動部位は首・肩・肘・手首・手首スナップ・胸・腰・股関節・膝・足首
手首・腰・膝以外の関節はリボルバージョイントでの接続。
スカートアーマーとジャンプユニットもリボジョイント接続(ジャンプユニットは二連式)になっています。
上腕ロールが無いのは、肘で前腕まわして可動を補ってね!ということでしょうか・・・?

091011

差し替え手首は持ち手と平手が左右(全てにスナップ関節あり)
付属品は突撃砲・長刀・短刀2本・突撃砲用懸架システム・長刀用懸架システム・足踏みエフェクトと
スタンドにリボコンテナ(非掲載ですが)となっています。

懸架システムはそれぞれ対応した武装を取り付け、肩後ろの穴に二連リボジョイントにて接続できるようになっています。
テンションによる固定なのがちょっと気になるところではありますが・・・。

2_23_24_2

付属品いろいろポージング。
二連リボ球の長さ的にギリギリですが、突撃砲を懸架システムに付けたまま脇の下を通しての自動迎撃モードを再現可能。
逆に長刀を手でつかむ位置まで移動させるのはお安い御用。
短刀については、手首を取り付ける部位の上に四角の穴が開いており、そこに刃部分の凸を差し込んで固定します。

既にA3を体験している人にとっては、特質が似ていることもありかなり気楽に扱えるかと。
そうでない人でも、リボルテック経験者なら扱い方はよくご存知かと思われます。

 
 
 
 

Photo

リボ戦術機はこのあとも不知火弐型デモカラーを始め、タイフーン、スーパーホーネット、バラライカ、不知火国連仕様を始め
数多くのリリース予定が既に出ているようです。
また、戦術機トイの本家本元A3、それに次ぐコトブキヤプラキットからも新作のリリース、そして本編ゲームも
XBox360版マブラヴ&オルタにPC版派生シリーズ続編などのリリースが予定されてまして、関係各社共同にて
取り組む東日本復興支援プロジェクト「オペレーション・フェニックス」を盛り上げていく気運が高まっているようです。
この機にリボ戦術機で一枚噛んでみるのもいいのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2007年10月25日 (木)

リボルテック第18弾 真・ゲッター1(真!版)

今月のリボは、真!版ゲッター1、ブラックゲッターに続き真!ゲッターロボから、とうとう真ゲッターが登場。
馬鹿デカいゲッタートマホークやストナーサンシャインのエフェクトパーツも付いた、割と頑張った仕様となっております。

 

パッケージ

1_22_23_2

パケはざっとこんな感じ。オビではトマホークをウリにしているほか、毎度おなじみ新商品紹介に
リボよつばにあわせた風花フィギュアの宣伝もされております。

 
 

真・ゲッター1

4_25_3

ゲッター1、ドラゴンと来た上での正統進化を感じさせる真ゲッター1。
両腕の刃状パーツはかなり鋭いので手首交換時は刺さらないように注意。また、接続軸が細いので、過度なテンションがかかると
すぐにポッキリいきかねません。
手首交換やストナーエフェクトパーツを付けるときは外しておくのが賢明かと。

6_27_38_3

可動部位は首・肩・肘・手首・胸・股関節・膝・足首
手首以外はリボルバージョイント接続になっています。
にしても、ゲッター系のこの扱いにくい首の仕様はどうにかならないのでしょうか。

Photo_2Photo_3Photo_4

差し替え手首は、手のひらに穴の開いた平手と武器持ち手が左右付属。
手持ち武器としてゲッタートマホークが付属するほか、ゲッターバトルウィング一対が付属。リボ球で本体に接続します。

Photo_7Photo_8

ストナーサンシャインのエフェクトパーツは2つから構成されてまして、根元の球体状の部分と手のひらをリボ球で接続し、
そこに直線放射パーツを任意に取り付ける形になっています。

つかこの形、新1のゲッタービームエフェクトパーツまんまじゃねーか・・・ストナーのイメージとはだいぶ違うなぁ・・・

 
 

Photo_9

来月はまだまだ続くバルキリー攻勢と、相方はLoD版ガイキング・フェイスオープンVer。
でも皆さんの関心はもうその次のダンボーやらブロッケンやらヘルダイバーに向っているようで・・・。

そういやアッセンブルボーグの企画はどうなってるんでしょうかねぇ?

| | コメント (0)

2007年9月17日 (月)

リボルテック第17弾 ブラックゲッター

今月のリボは、今月より始まるバルキリー攻勢とその相方にスーパーロボットという構成の一発目。
ですがバルキリーには特段の興味もないのでスルーして、スパロボ担当のブラックゲッターのみ購入。、

最近発売したPS2ゲーム「A.C.E.3」にスパロボ担当で真(チェンジ)!ゲッターロボが参戦したということで、
ある意味では旬のリリースとなりました。

 

パッケージ

PhotoPhoto_2Photo_3
Photo_4Photo_5Photo_6

パケはざっとこんな感じ。最近流行りに薄パッケ。
来月のアイテムの他、リボミニやリボよつばの宣伝もされております。

 

ブラックゲッター

78

基本線は先々月のゲッター1と同じものですが、首周りマント追加(接着につき要注意)・左腕ブレード大型化・右腕シェルホルダー・
両脇腹の装填用予備弾倉によってずいぶんと違った印象になっております。

Photo_7Photo_8Photo_9

可動部位は首・肩山口式・肘・手首・胸・股関節・膝・足首
肩以外の部位はリボ球を使っています。

234

差し替え手首は武器持ち手とクロー拳が左右に表情が違う平手左右と本体付属の平手の4種。
装備品はストライクガン(銀色)、44マグナム・シキシマSP、ゲッタートマホーク2振り、マントとなっております。
スタンドはここ最近同様、リボ球付支柱と短い支柱の2つが同梱。

567_2

一連装備させるとこんな感じ。ゲッター1以上にアグレッシブな印象になったということで、ハッタリの効いたポーズが似合います。

Photo_10

ゲッター1と比較するとこんな感じ。色が違うだけでもやはり受ける印象は違うものです。

 

 

Photo_11

来月には真ゲッター1が出るわけですが、ハイパーホビー今月号にて真ゲッター1・ブラックカラーVerの誌上通販を受付中。
オリジナル武装も付属するとのことなので、前回のクリアカラーエヴァ3体セットよりも注目したいアイテムになりそうです。 

| | コメント (0)

2007年7月17日 (火)

リボルテック第15弾 ディスヌフ&ゲッター1(真!版)

お詫び 07/07/20
タイトル以下、「ディスヌフ」を「ディフヌス」を誤って掲載していたものを修正いたしました。
また、ディスヌフの学ランマントと超攻勢型の差し替え方法を誤ったまま撮影した画像を、正しく取り付けたものと差し替えました。

この件について不快に感じた方もおられたとのことなので、冒頭にて謹んでお詫び申し上げます。
記事コメントにて指摘していただいた方、ふたば模型裏にて07/07/18 06:10:42に立ったリボスレにて
指摘していただいた方、ありがとうございました。
また、同スレにて厳しいご意見を寄せていただいた方も、ありがとうございます。
ご意見を真摯に受け止め、今後はこのようなことが無いよう勤めさせていただきます。

今月のリボルテックヤマグチは久々に純正スーパーロボット。

30番を取ったのは人気作の続編OVA「トップをねらえ!2」に登場するバスターマシン19号ことディスヌフ。
その相方はゲッターアニメでも特に根強い人気を持つ「真(チェンジ)!!ゲッターロボ 世界最後の日」版のゲッター1。
嵐を背負ってやってきた(と言っても単に発売日前後に台風が直撃したというだけなのですが)今月のリボ、とくとご覧あれ。

 

パッケージ

1_132_133_15
4_135_11

6_107_98_9
9_7Photo_1293

パケはざっとこんな感じ。ゲッターのパケは薄めになっております。
また、ディスヌフはベロに学ランマント⇔超攻勢型の差し替え方と学ランマント内側への武器の収納方法が記載されています。

 

ディスヌフ(バスターマシン19号)

1_142_14

歴戦の勇士、それでいて番長。学ラン型マントも裾のたわみがそのままブースターになっているなどの凝り様。
学ランマント付属でも何とか自立可能。バランスが後方過多なので地震などに耐えるのは難しいかも。

3_164_145_12

可動部位は首・肩・肘・手首・胸・股関節・膝・足首
手首と膝以外はリボルバージョイントで、手首は差し込み軸可動、膝はクリック式になっています。
私個人のは膝クリックがやたらと固かったのですが、皆様のはいかがでしょうか。
また、学ランマントの取り付け部位もリボ球。

ちなみに、方々で聞いた話では右肘が抜けやすいとのこと。
肘のリボ球隠し部位と下腕部との干渉で、肘を曲げたときにてこの原理で抜けるものと思われます。
リボ球隠し部位を少し削ってやると和らぐかと思われます。

6_117_108_10

差し替えパーツは閉眼頭部と平手左右。
スタンドには支柱がリボ球使用のものと短いものの2つが付属。

9_8Photo_1294Photo_1295

装備品は鉄ゲタ型ナックル・バスターゲイターと、設定のみの幻の武装であった釘バット・バスタークラッシャーの2つ。
双方とも学ランマントの中に仕込んであるアタッチメントに取り付けておくことが出来ます。

P1000001_7P1000002_6P1000003_3

学ランマントと鬼面パーツを差し替えて、超攻勢型へと移行。
肩周りが動かしやすくなることでポーズにも幅が出ます。

 

ゲッター1(真!版)

5_156_12

まさに、皆さんおなじみのゲッター1。
新ゲッター1と比較してみるのもおもしろいかも。

7_118_119_9

可動部位は首根元・肩山口式二重・肘・手首軸・胸・股関節・膝・足首
特に断りのない部位はリボルバージョイント接続です。

首の可動、特に左右方向の動きが悪いのが気になるところ。

0_31_152_16
3_184_16

差し替え手首は持ち手左右・開き手左右に、特殊な握りの右握り拳と右手刀が付属。

付属武器はゲッタートマホーク2振りとゲッターマシンガン2丁。
このほかに展開ゲッターウィングが付属。裾のボロボロ具合がいかにも真!版でございます。

スタンドは、こちらも支柱が2種。
パケには短い支柱の付属は記載されていないのですが、サービスのつもりなんでしょうね。

 

 

Photo_1296

ゲッターは同じく真!に登場するブラックゲッターのほか、真ゲッターも予定されているとか。
無印・新・真とゲッター計9機が揃うということも、ひょっとしたらあるのかも・・・。
まぁ真ドラゴン・真ジャガー・真ポセイドンは出ないだろうな。

今後は新劇場版エヴァ2機+ヤシマ作戦セットやバルキリーなどが予定されている模様。
毎月2個という脅威のペース、どこまで続くのか・・・。

| | コメント (3)

2007年7月 1日 (日)

リボルテック第二世代第2弾 セイバー・オルタ

ようやく出ましたリボルテック第二世代の第2弾。
fate第三ルートにおいて登場する、聖杯の闇に堕ちたセイバーことセイバー・オルタでございます。

とりあえず例の肘問題はどうにかなったようでして、安心の内容でございます。

 

パッケージ

Photo_1239Photo_1240Photo_1241
Photo_1242Photo_1243Photo_1244

パケはざっとこんな感じ。セイバー同様の平べったいパケとなっております。

 

セイバー・オルタ

Photo_1245Photo_1246

暗黒面に堕ちたということで、黒基調の装いに鋭角的な甲冑となっております。
それでもやっぱり左目線。

Photo_1247Photo_1248Photo_1249

可動面に関してはセイバーと同様。靴が大きめになったことでやや立たせやすくなっております。

Photo_1250

付属品は暗黒エクスカリバーとバイザー付前髪の二点。

3_114_105_8

攻撃的な出で立ちとアクション性の高いリボルテックの相性は抜群。あとは個々のセンス次第。

Photo_1251

オマケとして、風王結界を解除した真のエクスカリバーが付属。セイバーさんにもたせてあげましょう。

 

 

Photo_1252

今月にはディフヌスとゲッター1もリリース。こうまでも熱いリリースが続くとホントに棚と財布の心配が深刻になってきます。

第二世代の次も気になりますしねぇ・・・。

| | コメント (0)

2007年6月16日 (土)

リボルテック14弾 エヴァンゲリオン初号機・F型装備

異例のフレンドショップ版再販確定で話題をさらったエヴァ量産機で幕を開けたリボルテック2年目の第2弾もエヴァ。
今度はゲーム「新世紀エヴァンゲリオン2」や「第三次スパロボα」隠しユニットとして登場したF型装備版の初号機。
これまでのエヴァとは明らかに一線を画した、ボリューム満点のフォルムを余すところなく再現した、
2年目としての正統進化を感じさせるアイテムとなっております。

 

パッケージ

Photo_1167Photo_1168Photo_1169
Photo_1170Photo_1171

パケはざっとこんな感じ。
どうやらこのエヴァ初号機F型、従来価格で販売するにはボリュームがありすぎたようでこれまでの定価1995円では
販売するのが難しかったそうですが、2年目感謝の気持ちなのか、初回生産分だけは従来価格での販売という太っ腹な心意気を
見せてくれています。初回生産分にはお値段据え置きシールが貼られているようです。

 

エヴァンゲリオン初号機 F型装備

Photo_1172Photo_1173

ゼルエルを食いS2機関を取り込んだことで活動制限がなくなった初号機のパワーアッププランとして
機動性の向上と火力・防御力の向上を同時に図ったのがこのF型装備。

ちなみに、F型装備は元々は本編7話における空輸のための装備で、この重武装もF型なのは偽装のためなのだとか。

Photo_1174Photo_1175Photo_1176

可動部位は首二重・肩・肘・手首・腰・股関節・膝・足首
股関節以外はリボルバージョイントを使用、股関節は山口式可動で大腿側の可動はクリック式。
また、肩アーマーと膝アーマーは可動の阻害にならないよう動かすことが出来るようになっています。

Photo_1177
Photo_1178Photo_1179Photo_1180

差し替え手首は持ち手左右・開き手左右・貫き手右・表情違いの開き手左
付属アイテムはプログダガー2振り、オプションヘッド、インパクトボルトエフェクトパーツ・リボジョイント付支柱・土台となっております。

マステマやデュアルチェーンソーはF型専用の装備ではないということで省かれたようです。
まあこれらが入ったら間違いなくお値段据え置きなんて出来なかったでしょうね。

 

 

Photo_1181

最初にも触れましたが、お値段据え置きはシールが貼ってある初回生産分のみ。気になる貴方は急ぐべし。
装備の寂しさが気になるという方は、発売中のリボエヴァシリーズやプラモ類から調達したり、今後のリボ新劇場版エヴァシリーズや
ハイコンプロエヴァシリーズから強奪するのもよろしいのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2007年5月13日 (日)

リボルテック13弾 エヴァンゲリオン量産機 通常・翼版&FS限定・武器版

これで本当に一周年を迎えたリボルテック。
2年目の幕開けのアイテムとして選ばれたのは、エヴァンゲリオン劇場版に登場するタイプのエヴァ弐号機と
弐号機と壮絶な死闘を繰り広げしまいにゃ食ったエヴァ量産機。

量産機のほうは思い切ったリリース体制をとり、登場時に身に付けていたフライングユニットだけを付属品にした通常版と
両刃剣や模造ロンギヌスの槍といった装備品類を付けたフレンドショップ限定版の二種類で販売。
今回はこのエヴァ量産機2種類を紹介します。

 

パッケージ

Photo_872Photo_873Photo_874
Photo_875Photo_876Photo_877

今回はコーチマSPやマグナスと違い、フレンドショップ限定でも手抜きなしの別パッケージとなっています。
ちなみに劇場版弐号機は従来よりもやや薄いパケとなっています。

今回の翼版でようやく箱の厚みをフルに使いきったかなという感じがします。

Photo_890

オビではエヴァ初号機劇場版仕様の発売決定のほか、来月のアイテムが紹介。それ以後の紹介は載っておりません。

 

エヴァンゲリオン量産機

Photo_878

まさにウナギ。頭部形状を除けばいたってエヴァ体型でございます。
今回は特に背中のスミイレが汚い・雑だという報告が見受けられました。さすがに見えないところだけに運頼みなのですが
消しペンなどで消せると思うので各個の責任で対処してください。

Photo_879Photo_880Photo_881

可動部位は首・肩・肘・手首・腰・股関節・膝・足首
股関節は山口式可動で手首は差し込み軸回転、他の間接部位はリボルバージョイント接続になります。

これまでのエヴァはおろかフィギュア王付録光の巨人の時点ででさんざっぱら切れる切れると言われてきた
足首装甲ですが、今回は足首のリボルバージョイントと片方しか繋がっていないため、この問題は少し改善されている模様。
それでも足の甲と足首装甲との接続は細い軟質素材なので、扱いには注意しましょう。

Photo_882Photo_883Photo_884

付属品は
・共通付属品として、平手左右・両刃剣持ち手左右・ガイキングでも使われた土台・リボ玉使用支柱が付属
 最初から本体についている手首は槍持ち手になっています
・翼版には当然ながら、でっかいフライングユニットが付属。翼の基部はリボルバージョイントで繋がっています。
 エントリープラグ挿入部と差し替えになります。
・武器版には、両刃剣・模造ロンギヌスの槍(穂先と柄に分けて梱包)・口開き頭・エントリープラグが飛び出た背中パーツのほか、
 劇中で弐号機にやられた状態を再現するためのダメージ頭部・ダメージパーツ小・ダメージパーツ大が付属
となっています。

手首の差し替えが微妙にやりにくいのが困りどころ。これまでのエヴァとの一番の違いがここですね。

翼は普通に展開するだけでも20cm以上になり、模造ロンギヌスの槍は全長30cm。
これまでのリボルテックの付属品とは一線を画すアイテムとなっています。

Photo_887Photo_885Photo_886

フライングユニットや模造ロンギヌスの槍の大きさと豊富な可動により、大迫力のポージングが可能となっております。
不安定ならばスタンドを適宜使ってやるといいでしょう。

Photo_888

ダメージパーツ装備の一例。特に脳みそでろ~んはけっこうグロいです。
今回はダメージパーツを肩と肘に取り付けていますが、他のリボルバージョイント部位に取り付けることも出来ます。

飛び出たエントリープラグにはちゃんとKAWORUの文字が印刷されております。

 

 

Photo_889

2年目として、新しい境地の開拓と共にこれまでの系譜の発展も目指す貪欲なリボルテック。
さっそくセイバーさんがギャルフィギュア史上類を見ない売上10万個達成なんて話も聞きましたが、
今年も昨年同様リボルテックがトイ市場を席巻していくことは間違いないでしょうね。

| | コメント (4)

2007年4月29日 (日)

リボルテック第二世代第一弾 セイバー(fate/stay night)

今月でめでたく二年目を迎えることとなるリボルテック。

2年目のリボルテックは新たな躍進を迎えるべく、
・山口氏以外の原型士を迎えることで、これまで以上に広いキャラクターバリエーションを持たせる
・定価¥1995への拘りによる「販売できるボリュームに抑える」という縛りに囚われることなく、
 これまでよりボリューム感溢れるアイテムを送り出せるようにする
といったような革命を起こすことに。

その急先鋒として選ばれたのが、今なお各種媒体で提供され人気も高く、つい先日にもPS2版が発売となった
fate/stay night のヒロインにして騎士王たるセイバーが選ばれることとなりました。
原型は、他所のサイト様でも頻繁に話題になり、アニメイト専売カラーバージョンが即売り切れとなったという
fate胸像シリーズを手がけた榎木ともひで氏が担当しております。

 

パッケージ

Photo_780Photo_781Photo_782

従来のリボと違い、薄めで幅のあるパッケージ。そしてブリスターが透明になり台紙が付いております。

Photo_783Photo_784Photo_785

幅を生かして、今までよりも詳細な作品解説や原型士解説が載っております。

 

セイバー

Photo_786Photo_787

女性としての「可憐さ」と騎士としての「重厚さ」が相まった、良く出来た造形となっているのではないでしょうか。

頭部は、左向き目線のもののみ。模型誌インタビューによるとそれなりの理由があって左向きなのだそうですが、
これをどう捕らえるかで評価が変わりそうです。

Photo_788Photo_789Photo_790

可動部位は首・肩・肘・肘下ロール・手首・腰・股関節・膝・足首
肘・肘下ロール以外はリボルバージョイントになっています。

また、スカートの左右は分割され本体と2連リボルバージョイントで接続されており、脚部の可動を妨げないようになっています。

4/30 0:30追記
方々見て回ると、腕、特に右肘周りの損傷率が高いという話を見かけました。
まず第一に肘の曲がる方向ですが、腕をまっすぐに伸ばしたときに大きな切込みが入っているほうが稼動する方向になります。
ここを逆にしたまま曲がらないな~と力をかけ続けると肘の軸が折れます。
次に肩のリボ玉と上腕部の繋ぎ目。動かしているときにけっこう負荷がかかる部位ということもあり、
軸受けの部分で割れることがあるそうです。付け根の部分を持って動かす、いったんバラしてリボ玉を好みの角度にしてから
腕を挿し直すなどの対処法を行うのがよろしいかと思われます。
最後に、初期状態から肘の状態が怪しいなどといった報告も数件見かけました。こういうときは購入店舗・海洋堂・オーガニックに
話を持ちかけてみるのがよろしいかと。

また、今回「セイバーだから」ということでリボルテックを始めて手にしたという方も見受けられました。
リボルテックの独特な可動には困らされると思いますが、当サイトや同じくセイバーをレビューしている
他サイト様を参考にしつつ、ファーストタッチは慎重に行うのが賢明です。
扱いを間違えないコツとしては、一度全部バラしてどこがどう動くのか、リボ玉ってどういうものなのかを
理解しておくといいでしょう。

Photo_791

付属品は、おなじみ土台・ダンガイオーに使われていた支柱・風王結界で不可視状態のエクスカリバー・カリバーン。
彩色エクスカリバーは7/1発売予定のセイバー・オルタに付属するとのことです。
不可視エクスカリバーが完全な透明ということで、コダワリ派にはちょっと物足りない感じがするかも知れませんね。

差替え手首など、上記画像に含まれない付属品は一切なし。
本体付属の持ち手は親指が中指と繋がっており汎用性に欠けますが、これを切り離して汎用性を向上させるか
このままにしておくかは各個の判断にお任せします。

Photo_792Photo_793Photo_794
Photo_795Photo_796Photo_797

リボルテックならではの可動性によって、劇中ポーズなら大体できるのではないでしょうか。
いろいろとポージングを考えてみても面白いかもしれません。

 

 

Photo_798業界我が家初の可動セイバーとの2ショット コメントでの間違い指摘ありがとうございます(5/3 23:40)

リボルテック二年目の革新を体現しているといえる今回のセイバーさん。
再来月のセイバー・オルタと合わせて手に入れておきたいアイテムといえるでしょう。

本当の2年目は15日発売のエヴァ劇場版弐号機・量産エヴァからになるわけですが、ヤマグチシリーズとしても
革新の時を迎えるということで、通常ライン・第二世代ともまだまだ注目の的となりそうです。

| | コメント (4)

2007年4月15日 (日)

リボルテック11弾ダンガイオー&12弾ガイキング&メガトロン

今月のリボルテック、12弾ということでついについに1周年目前。様々なところから2年目展開も
ちらほらと聞かれておりますが、今月分にもしっかりと目を向けておきましょう。

今月のブツはここ数ヶ月続いたスーパーロボット攻勢の締めくくりとなる、Legend of Daiku-maryu版ガイキングと
元祖悪役メガトロン様となっております。

また、今回は先月発売日に手に入れたものの販売元に送り返さざるをえなくなった都合で掲載機会を逸してしまった
先月のダンガイオーも掲載。今更感もありますがお付き合いいただければと思います。

 

パッケージ他

Photo_692Photo_693Photo_694

Photo_704Photo_705Photo_706

Photo_707Photo_708Photo_709

パケはもう1年見てきた通りのいつものパケ。

Photo_710
Photo_711Photo_712Photo_714

今回はオビのほかに、中にリボルテック読本なるチラシも付属。
来月のエヴァ量産機(羽)&劇場版仕様弐号機や再来月の初号機F型装備(初版分はサービス価格)&トロ(どこでもいっしょ)のほか、
例外的に5月1日発売となり2年目の気運を盛り上げるセイバー(fate)の紹介や、7月にはトップをねらえ!2に登場する
ディフヌスを出すというのが初公開となっております。

ちなみに来月はエヴァ量産機(武器)、再来月はクロ(どこでもいっしょ)がフレンドショップ限定になっていることもお忘れなきよう。

 

ダンガイオー

Photo_695Photo_696

詳しい人によれば、これぞバリ体型、なんだそうです。
トゲトゲな腕部の扱いに注意したいところ。

Photo_697Photo_698Photo_699

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘・手首・胸・股関節・膝・足首
上腕ロールと手首以外にリボルバージョイントが使われています。

また、フロントスカートが前方向に開くようになっています。

Photo_700
Photo_701Photo_702Photo_703

付属品はスタンド土台・新型支柱・平手左右・持ち手左右・合わせ拳・破邪の剣。

合わせ拳と腕部可動を活かしてスパイラルナックル、紋章が印刷された右平手をかざしてサイキック斬といった必殺技を再現できるほか、
持ち手は左右で取り付け角度が違っており、破邪の剣を両手で持たせやすくなっています。

 

ガイキング(LoD版)

Photo_715Photo_716Photo_720

劇中どおりの力強さを感じさせるフォルム。
3枚目は参考として、海洋堂ホビーロビー秋葉原で展示されていたカスタムリペイント版の紹介。
胸の大空魔竜ヘッドの目と口が燃える様なカラーリングになっているのが大きな違いとなっています。
見ての通り撮影OKということもあり掲載しましたが、関係各所より苦情が来たら消させていただきます。

Photo_717Photo_718Photo_719

可動部位は首二重・肩山口式二重・肘・手首・胸・股関節・膝・足首
肩と手首以外にリボルバージョイントを使用しています。

また、大空魔竜ヘッドの口ことキラーバイトも開閉できます。

Photo_721Photo_722

付属品はスタンド土台改とダンテや新ゲ2に使われた支柱&取り付け部にリボルバージョイントに
持ち手左右・左掌底・右構え手・開き手左右・カウンタークロス大・真龍ハイドロブレイザーエフェクトパーツ。

ちなみに胸部大空魔竜ヘッドも取り外せます・・・グレートを考慮してる?

Photo_723Photo_724Photo_725

パーツを駆使してポージング。
スタンド土台部分は支柱を取り付ける部分ではなく長辺の途中にあるピンを足裏に刺すことで直接本体を固定できます。
支柱の先端リボルバージョイントは、腰後ろの穴だけでなくスラスター噴出口に差し込むことができます。

カウンタークロスを装備させるときは膝のものを取り外しておくと通っぽいです。

真龍ハイドロブレイザーのエフェクトパーツは、開き手に開いている穴にピンを差し込むことで固定できます。

 

メガトロン

Photo_726Photo_727

メタリックシルバーが印象的なメガトロン様。
シルバーに限らす脚部外側の黒や外側の赤なんかもメタリックカラーです。

Photo_728Photo_729Photo_730

可動部位は首二重・肩・肘・手首・胸・股関節・膝・足首
手首以外はリボルバージョイント可動になっています。

Photo_731Photo_732Photo_733

付属品はニヤリ顔・開き手左右・右持ち手
ウチの画像では分かりにくいかもしれませんが、ニヤリ顔はいい顔してます。
携行武器もないのに武器持ち手がなぜついているかといえば、コンボイorウルトラマグナスの銃を装備できるようにするためです。

 

 

Photo_734

いよいよ1周年で、新たなステージを目指すというリボルテック。
開幕からして一時期うんざりするほど乱発したエヴァというのもどうかと思うのですが、トロの投入などで新規層の開拓を目論むなど
2年目も見逃せないシリーズになりそうな予感だけはひしひしと伝わってきます。

 

おまけ

Photo_735Photo_736

アキバBlogさんの記事のほうがよっぽど見やすいので今更感満点もいいとこですし数日のうちに消しますが、
とらのあな秋葉原店の店頭に展示されていたセイバー&セイバー・オルタのサンプルを紹介。
パケはいつものものとは装丁を変えてくるようですね。

| | コメント (0)