2013年11月28日 (木)

G.F.F.メタルコンポジット ユニコーンガンダム2号機 バンシィ

2年の沈黙を破りサイコMk2ネオジオン仕様で唐突に今年復活したGFF。GFF系ブランドの中でも
安心と信頼に定評のあるメタルコンポジットの本年第二弾として、黒と金のユニコーン、2号機バンシィが
1号機から3年半以上の歳月を経てついに登場となりました。

1号機譲りのユニコーンモードからデストロイモードへの変形機構に加え、OVA版にて追加された
アームド・アーマーも完全変形で搭載。
プレイバリューの高さと美麗出来で迫る、秀逸な内容となっています。

 

123

金の箔押しがキラリと光るメタコン装丁。
中身は見えませんがメタコンの品質はピカイチなので特段問題ないですな。

 

RX-0-2 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ

U4U5

全身をガンメタリックな装甲で覆ったユニコーンモードからご紹介。
黒の全身に襟周りとトサカの金メッキがきらりと光る、なかなかに渋い外観となっています。

U6U7U8

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘(一応二重)・手首二重・腰・股関節・大腿ロール・膝・足首
本体部分は1号機そのままなので、造形的な都合で引き出しギミックを使っても90度が限界の膝や
変形用のギミック詰め過ぎでどちらの形態でもあまり動かない足首はそのまま引き継いでいます。

U1U2U3

差し替え手首は平手・持ち手・銃持ち手が左右に、開き左手
付属品は可変アンテナ・固定アンテナ(U・D各形態用)・ビームマグナム・ハイパーバズーカ・シールド・
マグナム用カードリッジ3束(1つだけカードリッジ数調整可)・バズーカ用カードリッジ・ビーム刃2本・
シールド左腕装備用アタッチメント・シールド背面懸架用アタッチメント・スタンドとなっています。
スタンドはGFFおなじみの、土台にマシンスペックが印刷された直立補助専用となっています。

予備カードリッジのリアスカート取付・バックパックへの装備懸架・マグナム及びバズーカの
カードリッジ脱着・
バズーカの砲身伸縮といったギミックは1号機同様に備わっています。

なお、今作では両腕のアームド・アーマーの脱着を行う事は出来ません。

 

2_23_24
56

ユニコーンモードからデストロイモードへの変形、本体部分は1号機とまったく同じ。

Aa7Aa8

両腕のアームド・アーマーも完全変形。

D1_2D2

ユニコーンモードから容姿一変、サイコフレームの輝きが黒のボディに眩しいデストロイモード。

D1_3D2_2D3

変形前後で可動面に特段の変化がないのも1号機同様。

D4D5D6

付属品も使ってポージング少々。
左腕のアームド・アーマーVNは上側が根元から2ヶ所可動・下側が根元から4か所可動となっており
上下から鷲掴みにする・鉤爪状にして引き裂くのどちらの使い方も出来るようになっています。

 
 
 
 
 

Photo

久方ぶりのGFFメタコンでしたが、元が良かったアイテムのリデコ品でもあるので信頼性は十分。
大きく動かしてアクロバティックに楽しむのはロボ魂に任せて、巨躯と煌びやかさを生かしたディスプレイモデルとして
豪華に飾ってあげるのが実に宜しいかと思われます。

 

来月には、兄弟分というか枝分かれ的なブランドとしての印象が強いメタルビルドから、デスティニーガンダムが登場。
また、ガンダムの枠を飛び越えてフルメタよりレーバテイン、コードギアスからランスロット・アルビオンが登場予定だとか。
スーパーロボット系・ガンダム・バルキリー以外で出来に信頼がおける超合金ロボトイは数が少ない印象があるので、
MBの新たな展開に期待したいところですな。

| | コメント (0)

2010年8月27日 (金)

GFFN フルアーマーユニコーンガンダム

しばらくぶりのGFFも、またしてもユニコーン。レギュラーサイズはウチのサイトではもう年単位ですね・・・。
今度のユニコーンは小説版最終決戦仕様である、武装ごってりフルアーマーユニコーンでございます。
これまでの「フルアーマー」といえばRX-78しかりZZしかり追加装甲を全身に着込んだものでしたが、
ユニコーン的には「圧倒的戦力差を数機で覆すために、主戦力にありったけの武装を詰め込んだ」ということで
装甲(アーマー)ではなく武装(アーム)を纏っての出陣、といったところ。
それに合わせて従来の赤ではなく緑色に発光したサイコフレームが露出したデストロイモードが今回の主役となっております。

 

パッケージ

123

パケはいつものGFFスタイルですが、今回は絶賛売出し中のユニコーンだけに、メタコーン同様に宣伝オビが巻かれています。

 

RX-0 ユニコーンガンダム デストロイモード/フルアーマー ユニコーンガンダム

45

さすがカトキチ先生のお膝元、スタイルは抜群。
デストロイ固定なので変形の煩雑さや懸念項目は一切なし。

678

可動部位は首・肩二重・上腕ロール・肘二重・手首・腹・腰・股関節・大腿ロール・膝・足首
せっかく非変形で複雑構造の足首から脱却したというのに、やっぱりGFF、足首はほとんど動きません。
しかもちょっと動かすとアンクルガードと足から跳ね上がった元足装甲が干渉。ぐぬぬ・・・。
膝はおなじみ90度。アニメデザインではなくカトキデザインなのでこれはしょうがない。
上半身と股関節は非常に良く動くんですがねぇ・・・。

そしてやっぱりGFFは顔が命。メタリックグリーンの目の塗装が、周囲のグレーに紛れてよく見えないので
慎重派は頑張ってください。

9
01_22_2

デストロイモードのままであそべる、お馴染のアイテム群。
差換え手首はサーベル持ち手・銃持ち手・平手が左右
オーソドックスな付属品としては、ビームサーベル4本(バックパックと両腕に搭載)、ビームマグナム、ハイパーバズーカ、
ガトリングガン1組、シールドが備わっています。
マグナムはフォアグリップ可動のみ、バズーカは若干ですが砲身伸縮ギミックが搭載されています。
シールドは3枚あるうちの一枚だけ変形可能となっています。
ガトリングガンは連結アタッチメントを使ってシールドごと腕に装備させられるほか、グリップを差換えて
手に持たせることも出来るようになっています。フォアグリップ・サイトの可動もあり。

Fa3

そしてどどんとFA用装備陣。
ビームガトリング3組、ビームバズーカ2丁(左右)、シールド3枚(2枚固定1枚変形)
バズーカに取り付けるミサイルポッド&グレネード×2、グレネードランチャー×2
バックパック増設アーム・極太スラスターユニット
これだけの分量をMS一体に詰め込むと・・・

Fa4Fa5

こうなります。
無論自立できません。お馴染のスタンドも付属しておりますが、可動部位を締め増しでもしておかないと
空中で固定できません。そのくらいに重いです。
・・・まぁ大いにスラスターの大根二本のせいなんですがね。
一応この状態でも可動には何の支障も出ませんが、シールドとかけっこうポロリがあるので
あまり触りたくないというのが本音です。まぁGFFなのでね。

 
 
 

Photo

・・・ふと思ったら、MG Ver.Ka、MG HDカラー&ケージ、メタコーン、そしてこれ、値の張る部門のユニコーン結構買ってるなぁ・・・
小説もOVAも嗜んではいないんですがね。
さらにはメタコーンのメタルコート版なるものが出るそうですが・・・さすがにコレは買いません。あしからず。

| | コメント (1)

2010年3月27日 (土)

GFFメタルコンポジット ユニコーンガンダム

一晩ぶりの年度末攻勢5品目は、ウチでもMG版を二度紹介したユニコーンガンダムのメタコン版でございます。

満を持して登場となった本アイテムは、ユニコーンモードからデストロイモードへの変形のほか、ダイキャストパーツの重量感と質感、
そして小説特装版を購入していない人には嬉しいガトリングガンも付属した、ユニコーンを遊びつくせるアイテムになっています。

・・・その分お値段定価にして二万弱と少々お高いのですが。

 

パッケージ

1_42_43_4

メタコンのお約束、GFFでも中身が見えない完全梱包。ですが中身の質は折り紙つきなのでご心配なく。
こんな壮大な文句が書かれた帯を付けてるだけの事はあります。

4_4

初回生産分には、デザイン画稿などをふんだんに載せたブックレットと、それを収めたクリアファイルが
外付け特典として付いてきます。お買い求めの際は受け取り忘れることのないように気をつけてください。

 

RX-0 ユニコーンガンダム

U6U7

相変わらずの正面真っ白っぷりのユニコーンモード。
さすが完成品、既に全身至る所にマーキングが印刷されております。MGでこれだけマーキングとデカール貼ったら何時間かかるか・・・。

股関節ブロック丸ごとダイキャストパーツの他、各所にダイキャストパーツが用いられており、質感と重量、そして安定性はかなりのもの。

U8U9Ua

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘二重・手首・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・足首二重
膝はやっぱり90度。脛から下が若干下にスライドして可動域を確保できるようになっています。
MG版にあった肩の引き出し・スイング軸や腹部の可動は備わっていません。

U1

コクピット開閉ギミックが備わっていますが、シートやパイロットは見えません。

U2U3

差換え手首は平手・銃器持ち手・サーベル持ち手が左右
付属品としては、ビームマグナム・マグナムのカードリッジ3つ(カードリッジが分離するものが一つとしないのが二つ)、
ハイパーバズーカ・バズーカのマガジン・ガトリングガン2丁・シールド・シールド用アタッチメント三種に、
本体備え付けのユニコーンモード用アンテナと交換して使うデストロイモード用アンテナと変形アンテナが付属。

手首の差換えがかなりスムーズでぜんぜん苦にならなくて、それでいて保持には問題ない適度な堅さになっています。

U4U5U6_2

シールドはアタッチメントの差換えにより、背中共用マウントラック・腕に直付け・ガトリングガンとの組み合わせの3パターンで装備できるようになっています。
バズーカとマグナムにはギミックとして伸縮・マガジン脱着・フォアグリップの可動・背中共用マウントラックへの取り付けが備わっています。
マグナムは腕部への直付けも可能。
マガジンはいずれもリアスカートに取り付けることができます。

ガトリングガンはグリップを差換えて持ち手に持たせるほか、腕部に取り付けることも可能。
2丁同時に片腕に装着させることもできますが、噛み合わせる部分がはめ難いので破損注意。
フォアグリップとサイトが可動します。

ちなみにMGユニコーンにもガトリングガンは無改造で取り付けOK。接続が甘いのが気になるところですが。

 

U7U8U9

MGVer.Kaとユニコーンモードの比較。
ついでにMSケージに突っ込むと、ちょっと腰部分がきついかな?といったところ。
マグナム・シールド・バズーカは何の問題もなくセット可能です。

 

023
46

最大のウリ、変形は基本的にはMG版と一緒。
違いとしては、・胸部を左右に開くのが超スムーズ ・背中にストッパーがないので腹部がすぐに伸び縮みしてしまう
・大腿部の伸縮にロックがない ・肩部の三角パネルの基部にストッパーがないので作業がスムーズ
・脹脛の装甲版が下方向に引き出される形に変更、ズレた隙間にサイコフレームが露出
といったところでしょうか。

※ここから先、三機目にして情けないことに胸部ブレートの開放を忘れておりますので、心の目で開いてごらんください・・・申し訳ないです。

D7D8

メタコン版のサイコフレームは普通のワインレッドのクリアパーツ。これはこれで色合いが良くていい感じなので、充分アリです。
というか集光クリアつかってたら多分2万突破してるんじゃないかなぁ・・・?

D9D1D2

可動面はやっぱり変化なし。
ちなみに、ちょっと刺さりは甘くなるのですが、シールドを腕に直付けするアタッチメントでも背中共用マウントラックにつけることも出来ます。

 
 
 
 

Photo

最後はスタンド展示で〆。直立保持のための無色クリア支柱を取り付けて使用します。

相変わらずのハイクオリティのメタコンでした。この出来を通常ラインナップに生かせないものか・・・。
そういや最近ロボ魂でMSを多数展開してるからなのか、GFFの動きが鈍くなってる気が・・・。

| | コメント (0)

2009年3月25日 (水)

魂ネイション2009 プレオープニングレセプション イベントレポート

01
というわけで、今年も行ってまいりました魂ウェブを擁するコレクタートイ事業部の内覧会イベント・魂ネイションのプレオープニングレセプション。
前回同様、新商品の紹介だけでなく担当者と直接話す機会もあったりで、なかなかに楽しめる内容でした。

というか皆さんは画像待ちだと思うんで、とっとと行っちゃいましょう。

 

入口

030405

まずは、これまでに発売された数々の商品が展示されたガラスケースのお出迎え。

060708

振り返れば、今回のイベント限定商品の紹介。

 

Robot魂

09

ゲートを潜るとロボ魂コーナーがお出迎え。

101112

お出迎えの看板の下では、回転寿司の如くにロボ魂商品化への道筋が紹介されています。

131415

左側には商品紹介コーナー。
さり気無くトランザムクリアVerのOOや絶対守護領域展開・変形状態で展示された蜃気楼なども置いてあります。

16

これはOOガンダムの金型です。

171819

で、お待ちかね新商ひ・・・っておい龍神丸とか大丈夫なのか!?(許可はしっかり取ったそうです)
他にもご覧のとおり、クッソでかいが故に販路模索中らしいレグナントやニルヴァーシュSpec2にジエンド、
クロスボーンX1&X2、そしてさり気無くアーバレストとサベージが。
ちなみに
・紅蓮聖天八極式はもちろん出します。ご期待ください
・フルメタは低価格帯で出せることを魅力にどんどん出していきたい。レーヴァテインもあるかも・・・?
・龍神丸については商品化に燃えているスタッフがいる。龍神丸だけでは終わらせませんよ・・・?
・タイムスケジュールを組んで、ロボ魂の製造作業を体験してもらうコーナーを設けているので奮ってご参加ください
とのこと。

 

超合金

20

ロボ魂ゾーンの次は超合金ゾーン。金魂のみにあらず、なのです。

2122

ここでは、著名人の超合金トイへの思い入れと、それに関わる商品を紹介。

232425
2627

これで、これでやっとMAXの出す出す詐欺から開放されるんだ・・・ビッグオー商品化へ向け鋭意検討中とのこと。
他にもフォンブレイバー、金魂ダイゼンガー&アウセンザイター、タマスペテッカマンブレードの紹介。
アウセンザイターの変形についてはやっぱり補助パーツを相当使うようです・・・ま、二次元のウソ盛り込みまくりだしねぇ。

 

GFF

28

ビッグオーに見送られつつGFFゾーンへ。

293031

まずは発売済み商品などの案内と、さり気に今朝届いたばかりらしい、お蔵入りになったスローネ3機の展示。

3233

そして新商品であるZプラスと、こじんまりとケロロロボ・リニューアル版とガルルロボ、ブースの中央には
1/35ガンダムの展示がされております。

 

新素材・マジンガーZ

カトキ氏のCGを左に見つつ通り過ぎると、

3435

まずは新素材の紹介があり、その次には

36z1
37z238z339z4

真マジンガーZやまたしてもリニューアルを果たす金魂マジンガーに、歴代マジンガートイの展示ブースとなっております。
また、短いながら真マジンガーZのPVも流されております。

 

その他全般

マジンガーに見送られてブースを過ぎると、そこは出口直前のその他商品群ゾーン。

404142
434445

まずざっと、ウチではあまり扱わないアイテム群。
強化外骨格・零は特に待ち焦がれていた人も多いのではないでしょうか。

46f47f

DX超合金枠はメサイア一色。
そんな中マクロスウォーターが一人頑張っております。
アーマードメサイア・オズマ機のアーマードパック見本の装備状態での展示もされておりました。

4849

神話ブースでは神聖衣瞬・アルベリッヒ・トールのほか、ヒルダ様も展示。
・オーディンローブは、また星矢かと言われるかもしれないが、希望者全員の手に渡る方式でお届けしたい。今のご時勢抽プレは流行らんだろう
・次は紫龍というある種の観念から脱却するために瞬を先に持ってきてみた。でも最後はやっぱり一輝かもしれないですねぇ
・スチールやら映画オンリー軍団については・・・出すとなると全部出して欲しいと望まれるだろうし担当としても出したい。だが需要が・・・
・トールは新素体。本当はもっと比率があるんで大きくしたかった。アルデバラン素体や一般素体では小さくて
 イメージ重視のファンからは批難されそうなので、あえて新素体に踏み切った
・今回は申し訳ないが天馬のサンプルは外させてもらった。天馬を機に初期青銅などもやってみたいが、また青銅かよ、と言われそうで・・・
とのことでした。

50sic151sic2
52sic353sic4

SICブースは・・・ヒーローサーガ電王編のジオラマと、電王勢勢揃いに隅っこに極魂響鬼だけ、という寂しい内容。
あまりの寂しさに思わず手ブレが・・・申し訳ないです。

54sdx155sdx256giu

で、最後はSDXとその隣にあったガールズインユニフォームのコーナー。
SDXコーナーではサタンガンダムの彩色見本と、4弾コマンドガンダムの試作が。
今回のものはちゃんと烈伝体型です。
GiUについては良く分からないので、詳しい人のレポートをご覧下さい。

 
 
 
 
 

02

というわけで、イベントレポートでした。
新商品の展示というよりも、コレクター事業部の商品の紹介・案内といった側面の強い催しなので
新商品目当てだとちょっと物足りないかもしれませんが、各アイテムの特色を掴むという意味では実に面白いイベントでした。
皆様も(限定グッズ目当ての方も)、展示はしっかり見ておくと、新しい発見があるかもしれませんよ。

| | コメント (0)

2007年8月30日 (木)

G.F.Fメタルコンポジット#1002 サイコガンダム

GFFと超合金の融合、GFFメタルコンポジットの第2弾は、Zガンダムの名敵機サイコガンダム。
巨体・変形と超合金との相性が良いということで、メタコンとして出すにはベストチョイスといえるアイテムではないでしょうか。

これだけデカいとエッジのダルさとかもほとんどなく、GFFってしっかりした素材と行程を踏めばこんな出来なんだなってのが
なんとなく伺えるものになっております。

 

パッケージ

5_56_47_4

付属品がさほど多くないこともあり、割とコンパクトなパッケージ。
やはりGFFで中が見れないとちょっと怖いですネェ・・・

 

MRX-009 サイコガンダム

8_39

巨体・変形・フォウの悲劇性と、何かと人気のあるサイコもようやくGFF化。
変形しないと出てこない部位までしっかりとタンボ印刷が施されており、こすって剥げない様に丁寧に変形させないといけないのは御愛嬌。

頭部アンテナは変形の安全性を考慮した軟質素材製と見栄え重視のプラ製の二種類が付属。
とはいえプラ製でも問題なく変形できるので、開封直後容赦なくプラ製に交換してしまうのが吉。
手首は指付け根が動くものと握り拳が左右分付属。
盾を装着させるときに腕から取り付け部位のフタを取り外すのですが、無くさないように腹の中か盾内側に入れておくと良いでしょう。

毎度おなじみスタンドは、MS形態時では裏からピンを立てて、足底バーニアに差し込んで安定させるようになっています。

01_42_5

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘・手首付け根・手首スナップ・指付け根(可動手)・股関節・膝・足首
まぁあまり動かないイメージの強いサイコなんで、足の可動域があまり大きくないのはマイナスにはならないかと。

そしてここから変形プロセス。

Photo_23Photo_24

まずは盾の変形。開封後に盾内部に仕込んだジョイントを使って安定性を確保します。
あくまでも「安定性を確保」なので使わなくても変形はできます。

盾装着アタッチメントは変形後余剰になりますが、腹の中にでも入れておけばなんとかなるものです。

Photo_25Photo_26Photo_27

脚部の変形。変形による強度の問題をダイキャストにより解決できたという好例ですね。
位置あわせが微妙に面倒なのは、やっぱGFFだなぁって感じで済まされてしまうのはもう慣れというやつなんでしょうか。

Photo_28

両足変形させたら、内側に形状安定用補助パーツを取り付け。これも盾の補助パーツ同様、使わなくても変形はできます。

Photo_29Photo_30

頭部周りの変形。
アンテナ収納に気をつければどうということのない変形。

Photo_31

胴体の変形。がばっと開けて背骨を引き出し前後を繋ぐわけですが、実際に変形させてみると、
この部位は足を変形させる前にやったほうがずっと効率的に作業できます。

Photo_32Photo_33Photo_34

腕周りの変形。
ここでは盾補助パーツを使っているので先に盾を取り付けていますが、使わない場合はまず腕を変形させて
下から盾を取り付けてやればOK。
画像では握り拳を使っていますが、可動手首でも変形させることは可能です。

5_66_57_5

MA形態(モビルフォートレス)は、おなじみの箱を忠実再現。
なるほどこの形、この年になって改めて見てみると、唯の語呂あわせでなく形状からもサイコロガンダムが浮ぶわけですな。

スタンドは、MA形態用支柱に差し替えて、腰下部の穴と足底バーニアの穴にピンを差し込んで固定します。

 

 

Photo_35

来月のGFFは、いよいよ登場の武者頑駄無(と真とか勝手につけちゃいました武者ガンダム)
GFFらしい、GFFくらいでしかそうそうお目にかかれないという久々のアイテムとなりそうです。

| | コメント (0)

2007年4月27日 (金)

G.F.F. #0034 GP03Sステイメン&ウェポンシステム

3ヶ月ぶりのリリースとなったGFF34弾は、GPシリーズ最後の一機となっていたGP03Sステイメン。

GP03といえばデンドロビウムなわけですが、さすがにプラモならともかく(つっても1/144のくせにバカでかい箱でしたが)
GFFのような1/144完成品であんなデカブツつけるわけにもいかないということで、一部武装のみを抽出して
強化武装に仕立てたウェポンシステムをGFFオリジナル要素として搭載してのリリースとなりました。

一部だというのにでもでかいというこのウェポンシステム含めてじっくり見ていただければと思います。

 

パッケージ

Photo_753Photo_754
Photo_755Photo_756Photo_757

ステイメン本体よりでかいメガ粒子砲の基部が多大なインパクトを与えてくれます。
また、厚みも15cmあり、さすがにGFF史上今なお最大ボリュームを持つディープストライカーほどではありませんが
けっこう持つのがめんどくさいです。

 

RX-78GP03S ガンダム試作3号機“ステイメン”

Photo_758Photo_759Photo_760

GP01・GP04に通じるトリコロールカラー青と白を基調としたさわやかなカラーリングですっきりとしたフォルム。
4/29 16:23 訂正
トリコロールというほど赤は多くはないですね。しかも指摘されて調べたところ「トリコロール」はフランス語で「3色」という意味ということで、
カラーと続けると三色色とか意味不明な言葉になっちゃいますね。 2chGFFスレで指摘していただいた方ありがとうございます。

腰から後ろに伸びる大きなスラスターが特徴的。
腰中央の赤いパネルや足首の緑のパネルなどはクリアパーツになっています。

このところ背中にでっかい荷物背負ったり羽が生えたり、なんてのが続いたのでいっそうすっきり感があるのでしょうか。

スタンドは、ステイメン用に使ういつもの可動式支柱と、ウェポンシステムを固定するための支柱群に対応しています。
ウェポンシステム固定用の支柱は本体支持用・メガ粒子砲支持用・Iフィールドジェネレーター支持用の3つがあり
本体支持用は取り付け角度を3パターンから選べるアタッチメントを交換できるようになっているのですが、
角度によっては他2本の支柱が全く役に立たないというのはどうなのでしょうか・・・。

Photo_761Photo_762

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘・手首・股関節・膝・足首・爪先
可動範囲はまぁいつものGFFです。

私のものは右肩が異常なまでに外れやすくなってしまっているのが困り者。
皆様の手に渡るものは状態がいいものであることを祈っております。

Photo_763Photo_764Photo_765
Photo_766Photo_767Photo_768

付属武装はビームライフル、ロングレンジビームライフル、フォールディングバズーカ2丁、ビームサーベル2本、
フォールディングシールドと豊富に揃っております。銃のサイトはクリアパーツ製。
銃にはそれぞれカートリッジの取り外しのほか、ビームライフルにはフォアグリップとサイトの可動、
フォールディングバズーカには収納形態への差替え変形がギミックとして備わっています。
シールド裏にはビームライフル・ロングレンジビームライフルのカートリッジを4つ取り付けておくことが出来ます。

シールドが実はちょっと厄介でして、次項で紹介するフォールディングアーム展開ギミックが重さに負けて
勝手に垂れ下がってくる他、裏側とクローが干渉してうまく装着させられないという問題が。
ですが、クロー部を開いて隙間にシールド裏のパイプ部を入れてやるとこの問題をうまく回避できます。

差替え手首は銃持ち右手・サーベル持ち手左右・フォールディングバズーカ担ぎ用左右が付属。
手首が大きく曲がっているのがバズーカ担ぎ用手首になります。

Photo_769Photo_770

本体ギミックとしては、バックパックのビームサーベル収納部の開閉と腕部フォールディングアームの展開が備わっています。

ウェポンユニット

Photo_771Photo_772Photo_773

GFFオリジナルとして特別にデザインされたウェポンシステム。
アームドベース・オーキスの特徴的武装から何点かをチョイスして追加武装システムにしたのもなわけですが、
何はなくともメガ粒子砲がでかくて長い。伊達や酔狂で約60cmもの長さを誇っているわけではありません。
取り付け部位で二軸可動するようになっています。
ちなみに一部外れるようになっており、ブリスター以外に収納するときに少し小さくすることが出来ます。

UC0083ではこんなにでっかかった、左腕側に来るIフィールドジェネレーター。
こんなでかかったのが、何年も経つとクロボンX3の腕部に収まるサイズになるというのですから
技術進歩というのは恐ろしいものです。

ミサイルコンテナ4つですが、セットしても固定されないのが小さな困りどころ。
ミサイルコンテナとフォールディングバズーカの固定位置は、6箇所から任意に決められます。

Photo_774Photo_775
Photo_776Photo_777Photo_778

ステイメンを搭載し、武装類を取り付けフル武装状態にするとこんな感じ。
とにもかくにもメガ粒子砲基部のメカ表現のみっちりさ加減が素晴らしい。

メガ粒子砲内側の装甲を開き、グリップを引き出すことが出来るようになっています。
グリップ部は別パーツで、腕の位置や砲の向きに合わせて位置を調整できます。

G_1G2G_2

ウェポンシステムとしてのギミックとしては、
・Iフィールドジェネレーターの内部を差替えて2パターンに切り替え可能
・ミサイルコンテナ4つのうち重い二つはコンテナが開閉可能
といったものがあります。

 

 

Photo_779

1/100サイズで超合金を使ったメタルコンポジットなんてシリーズまで始まり、新たな展開を見せるGFF。

シリーズ続報としては驚愕の武者ガンダム(と真とか勝手に付けやがった変なのとのコンパチ)やらメタルコンポジットでサイコガンダムやらと
なかなか見逃せないラインナップが続く模様。
もう楽しみでしょうがありません。

| | コメント (0)

2007年1月31日 (水)

G.F.F.#0033 ガンダムX

新年最初のGFFは、奇跡の立体化となったGXビットへの換装を備えたガンダムX。
当然ガンダムXディバイダーへの換装も可能となっています。

 

パッケージ

Photo_1790
Photo_1791Photo_1792Photo_1793

パケはこんな感じ。
注目ポイントは毎度おなじみアンテナと顔面の接着ズレに塗装の3点。

 

GX-9900 ガンダムX/ガンダムXディバイダー

Photo_1820Photo_1821Photo_1796Photo_1797Photo_1822

造形面は相変わらず良好ですが、首とサテライトキャノンの尻についているビームソードがとにかく取れるのが気になって仕方がない。

サテライトキャノンが曲がっていることもあるので、お湯につけるなどして形を整えましょう。

リフレクターがきちんと閉まらないのは造形上の都合なんでしょうね、きっと。
内側はクリア素材でコーティングされ質感を補っています。

Photo_1802Photo_1803Photo_1804

可動部位は首・肩二重・上腕ロール・肘二重・手首・胸前のみ・腰・股関節・膝・足首2重・踵・爪先
上半身はそこそこ優れていますが、下半身は毎度おなじみGFF可動域です。

スタンドの支柱は可動式。ですがアタッチメント部と股下との相性が悪いのが問題。

Photo_1799Photo_1800Photo_1801

武装類は、
・盾にもビームライフルにもなるシールドバスターライフル(グリップは各形態で差替え)
・ビームソード
・左肩のショルダーバルカン(根元で前方に曲がる)
・サテライトキャノン
の4つ。サテライトキャノンの展開は本体から取り外して行うほうがいいでしょう。リフレクターの根元に軸があるのですが
割と細いので、リフレクターの先端を持って開閉を行うと折れる可能性があります。お気をつけください。

Photo_1805

Xディバイダーへの換装は、GFF換装史上稀に見るパーツ脱着の少なさ。
ショルダーバルカンとサテライトキャノン一式を外して、バックパックにディバイダー用バックパックを被せて
エネルギーポッドをバックパック下の取り付け穴に取り付けるだけというお手軽換装。

Photo_1806Photo_1807Photo_1808

今度はブースターとエネルギーポッドでX字になったXディバイダー。
エネルギーポッドが取れやすいのが気になるところ。

Photo_1809Photo_1810Photo_1811

DVで追加された武装は
・ビームマシンガン
・ハイパーバズーカ(カードリッジが取り外せます)
・ハモニカ砲ことディバイダー
の3つ。またビームソードも2振りになっています。
ディバイダーは設定どおりの開閉ができるのですが、これがまたピンが抜けやすいのが困りもの。

 

で、これを換装するとGXビットになるわけですが、

Photo_1812

見ての通り共用部分が驚きの少なさ(実際はこれにバックパックが入ります)。
この程度の分量なら、ちょっと値を上げてもう一組付けておいてくれてもよかったのでは・・・?

特に足首が取り外しにくいので、きついと思ったらドライヤーの準備をお忘れなく。

 

GXビット

Photo_1823Photo_1824Photo_1815Photo_1816Photo_1817

情報が出た当時はDOMEビットだったようですが、結局GXビットへの換装に。
可動部位はGXと同一。問題点も同一。

よっっっっっっっっっぽどお金に余裕がある方は、13個買って本編冒頭の13機横並びを卓上再現してみるのもいいでしょう。

 

 

Photo_1818

GXが出たということでダブルエックスを始めガンダムXシリーズの可能性も見えてきたところ。
立体化に恵まれなかったアシュタロンハーミットクラブとヴァサーゴチェストブレイクが立体化される日も
そう遠くない話なのかも・・・?

| | コメント (2)

2006年8月30日 (水)

G.F.F. #0031 クロスボーンガンダムX3(⇔クロスボーンガンダムX1改改スカルハート)

#0016-aクロスボーンガンダムX1&#0016-bクロスボーンガンダムX2発売からちょうど3年経った今月、

ついにクロスボーンガンダムX3がGFFに登場。しかも今回は、この商品で初立体化となるクロスボーンガンダムX1改改に

換装できる(X3とは別機体なので換装というのもどうかと思うのですが)他、さらに現在月刊誌ガンダムA上で連載されている

「機動戦士クロスボーンガンダム 鋼鉄の七人」に今後登場する追加武装「フルクロス」までも連載への登場に先駆けて立体化というサービスぶり。

さらにちょっとしたことではありますが、今回のものに付属するスクリュー・ウェッブ搭載リアスカートを#0016X1に取り付ければ

X1改も再現可能になります。

 

パッケージ

Photo_491Photo_492

パケはこんな感じ。

梱包ミスがあったようで(おことわりの小さい紙が入っていました)、デフォルトで取り付けてあるのはフェイスガード開放状態の顔面部になっています。

頭部内側の開放顔面とコアファイター機首右の通常顔面(特にアイカメラ周り)と胸部スカルマークの塗装を

特に注意するとよいかと思われます。

Photo_498Photo_499Photo_500

背面の機体スペック紹介と付属品一覧。

X3はムラマサブラスターのみが携行武器だと思いましたが、ビームザンバーとか持ってたっけ・・・?

 

コア・ファイター

Photo_495Photo_496Photo_497

コア・ファイターはX1・X2とはカラーリングが異なるだけ・・・ではなく、某とかとかが大きく話題に取り上げた、

ビームサーベル取り付け部が直されているようで、本体への装着がスムーズに行えます。

 

クロスボーンガンダムX3

宇宙海賊クロスボーン・バンガードと木星帝国との最終決戦の直前に、サナリィからクロスボーン・バンガードにもたらされたのがこのX3。

主役であるトビアは「半ば成り行きで」という割とガンダムシリーズの主人公らしい理由でX3のパイロットに。

X3はX1・X2と兄弟機でF97の3号機ではありますが、X1・X2との大きな違いは

・ブランド・マーカー(ビームダガー兼ビームシールド)の代わりに両腕にIフィールドジェネレーターを搭載している
・X3の頭頂高とほぼ同等の長さを誇り、ビームライフルであると同時にまた超巨大ビームサーベルとしても使える
 X3の代名詞「ムラマサ・ブラスター」を携行武器として採用している
・胸部中央のドクロのレリーフ

の三点であります。

Photo_493Photo_494

さすがに兄弟機だけあって、腕部と胸部ドクロマーク以外はX1・X2と同じです。

本来ならば胸部にガトリング砲があるのですが、バンダイお得意の金型流用なのか、後述のX1改改と全く同じ胴体になっております。
(06 8/31 12:20 追記)

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘・手首・腰少々・股関節・膝・足首

三年前のものがベースということもあって、GFFと聞いて連想する程度の可動域となっています。

Photo_502Photo_503

ギミックその1、顔面部だけを差し換えて通常状態とフェイスガード開放状態を再現。

換装の項目にこのへん詳しく載せておきます。

Photo_504Photo_505

ギミックその2、平手にはIフィールド発生装置のフィールド展開部のモールドが入っているほか、

腕部の水色部分を外側に動かすことで排熱状態を再現。

Photo_506Photo_507Photo_515

Photo_509Photo_510

差し換え手首の配置は

右ビームザンバー用持ち手(共用) 右平手(X3専用) 左平手(X3専用)
右バスターガン用持ち手(共用) 右汎用武器持ち手(共用) 左汎用武器持ち手(共用)

となっています。

また、防御武装として、

・ビームシールド発生装置とその展開エフェクトパーツ(X1改改のブランドマーカーシールド展開と共用)
 劇中では大気圏突破のシーンで使用されています。 (コメント欄で指摘していただいた方ありがとうございます。 2006 8/31 3:30修正)
・アンカーシールド(盾の位置は二箇所の選択式で、接続部は回転、X1改改と共用)

が用意されています。

Photo_511Photo_512

X3の代名詞ムラマサ・ブラスターはビームライフルのグリップとビームサーベルのグリップの両方で手に持たせることができます。

ビーム刃パーツが付いていないのが非常に悔やまれます。

 

 

Photo_513

付属のスタンドは、支柱の根元とアタッチメント部が可動。

腰背面と股間のいずれかの□穴に取り付けます。X1・X2でも腰背面の□穴のみで使うことができます。

 

で、

Photo_514

X3から頭部メット・胴・腕部・サイドスカート・リアスカートを取り除くことで換装。

頭部は顔面部にボール軸がある構造になっていて、顔面部後ろのでっぱりをメット内部の受けとのテンションで固定する方式になっています。

きつくてテンション調整をするときは顔面部のでっぱりのほうを削りましょう。

 

クロスボーンガンダムX1改改

木星との最終決戦でX3は、コア・ファイターを除き木星帝国皇帝ドゥカチの乗る核搭載巨大MSディビニダドが発射するメガ粒子砲に

両腕のIフィールドを展開しながら突貫、半ば刺し違えの自爆気味の形でディビニダトと共に宇宙海の藻屑となってしまった。
(コメントでのご指摘ありがとうございます。 06 8/31 12:30修正)

木星帝国との抗争の終了をもって海賊業を引退しパン屋になったキンケドゥことシーブックからX1改を譲り受けたトビアは

対木星抗争からの仲間と共に運送業の傍らで義賊的に海賊業を続けることに。

X1改の胸に刻まれたクロスボーン・バンガードの紋章を「海賊といえばコレ」な髑髏マークに変えX1改改になったこの機体は

髑髏の紋章を胸に抱いた謎の義賊「スカル・ハート」としてUC136年の宇宙に広く知られることとなった。

Photo_516Photo_517Photo_518

ハデハデなX3から一転、胴体や肩アーマーの藍色のおかげでシックな感じに。

可動部はX3と全く同じです。

#0016X1と並べると、割と色が違うことが分かります。

Photo_519Photo_520

当然X1改改も放熱時のフェイスカバー開放状態にすることができます。

 

付属品はX3との共用や#0016X1と同じものもあれば、今回のために新造されたものもあります。

Photo_521Photo_522Photo_523

まずは引継ぎの携行火器。

バスターショットは専用の手首で持たせまして、銃口部に新造のグレネード弾を取り付けることができます。

□ピンでサイドスカートか腰背面にマウント可能。

グレネード弾も、ホルダーに取り付けることでサイドスカートにマウントできます。

また、グリップを前方に動かすと出てくるピンをビームザンバーの柄に差し込みザンバスターにすることもできます。

Photo_524Photo_525Photo_526

次いで引き継ぎの近接武器。

#0016X1付属のショットランサーも、当然ながら腕部構造が全く同じなので装着可能。(本商品にはショットランサーは付属していません。念のため)

ヒートダガーは二本付属。本来足に内蔵されるのですがGFFではさすがに再現できないようです。ここはMG版に期待。

ビームザンバーにはビーム刃が付属。ビーム刃の色は#0016に比べるとかなり薄くなっています。

Photo_528Photo_529Photo_527

そして腕部関連。

ブランドマーカーは二箇所で稼動し、腕に垂直な位置でとめてのビームシールド、拳の前まで出してビーム刃を展開した

近接格闘モードのどちらもOK。ブランドマーカー用ビーム刃は二個付いているので両手とも近接モードにできます。

X1改改でもアンカーシールドを装着させることができます。

Photo_535Photo_536

ABC(アンチビームコート)マントは軟質樹脂製のものだけ付属。かなりクセが付く入り方をしているので、ドライヤーで軽く暖めて

装着しやすいように直してやるとよいでしょう。

一応X3にも装着できるのですが、肩アーマー固定部や胸の固定部に関するマントの着色がX1の白なので違和感が出てしまいます。

画像には載せていませんが、#0016X1付属のプロテクター付布製マントも装着できます。

 

そしてここからが新武装。

Photo_530Photo_531

リアスカートの縁からパーツを引き抜きスクリューウェッブを装備。

X1改はフロントスカートのシザーアンカーを廃し両方ともスクリューウェッブになっているのですが、

X1改改は右フロントにシザーアンカー左リアにスクリューウェッブという配置なのでこの画像はホントは間違いです。

スクリューウェッブ内蔵リアスカートは#0016X1にも装着できるので、両方装備させてX1改にすることができます(ちょっと色が違ってしまうが)。

Photo_532Photo_533Photo_534

X3から受け継いだムラマサブラスターももちろん装備できます。

そしてX1改改になってからの装備である9連装ビームライフル「ピーコックスマッシャー」は巨大ボウガンさながらの迫力。

持ち手だけでなく肘部分でも位置固定できるようになっているので割と安定します。

二個買うと9×2=18連装というちょっと馬鹿っぽいことも。

 

Photo_537Photo_538Photo_539

Photo_541Photo_542(06 8/31 23:00 画像追加)

そして最後は、冒頭でも触れたように連載中の漫画に先駆け立体化された「フルクロス」。

これはABCマントの素材を用いた積層構造による装甲で層の厚みの分だけビーム攻撃を防ぐというもので、

その色合いと風貌は「海賊の大親分」という表現がピッタリ。

肩のマント固定部のフタ・胸のマント固定部のはずのパーツを取り外しフルクロスを装着させ、

肩腕のビーム機銃部に襟状パーツを装着、最後にメットをフルクロス用の羽根飾り付きのものに交換して装着完了。

胸部に固定されているものは動きませんが、両肩から垂れ下がる部分は根元がボールジョイントで接続されているので

腕の稼動を妨げない位置に移動させることができます。

 

 

Photo_540

3年の時を経てついに全機揃い踏みを果たしたクロスボーンガンダム。

来月にはMG・Ver.KaとしてX1(⇔X1改⇔X1改改)が発売されます。

MGでX3を出すなら是非ともムラマサブラスターのビーム刃を・・・!

 

8/31 23:00追記

Photo_543

連載中のコミックにおいてX1改改が大破させられた後に予備として残っていたX3のパーツを用いて改修したバージョン、

通称「X1パッチワーク」を組むことも可能。

実際組むときはX3の状態から頭部メット・右肩・サイドスカート・リアスカートをX1改改のものに差し換えるほうが

手順としてはわかりやすいと思います。

| | コメント (4)

2006年6月29日 (木)

G.F.F. #0030 ZⅡ

今月のGFFは、いかにもGFFらしいどちらかといえばマイナーなMSからのセレクト。

Z-MSVから、Zガンダムの高スペックとメタスの簡易な変形機構が合わさった産物、ZⅡ(ゼッツー)の登場です。

 

パッケージ

Photo_112

やはり気になるのはいつもの塗装・顔面ズレ・印刷ズレの3点。気になる人はしっかりチェックを。

Photo_113Photo_114Photo_115

裏面全体・機体解説・カトキチ先生のコメントはこんな感じ。

 

MS形態

Photo_116Photo_117

まずはMS形態。

可動部位は首・肩二方向・上腕・肘・手首・股関節・膝・足首・踵左右

手首は握り・ビームサーベル持ち手・銃持ち手が左右

付属品はビームサーベル2本(ビーム刃取り外し可能)・ビームライフル(GFFZガンダムのものを流用)・

クレイバズーカ2丁(右用と左用・それぞれ背中にマウント可能)・メガビームライフル1丁(グリップ部にビームライフルをマウント可能)

足首がかなり動くので接地性は高いのですが、腕周りの可動域が芳しくないので、ポージングにはやや不向きな感があります。

Photo_118Photo_119

武装を付けられるところに全部付けるとこんな感じ。クレイバズーカが付けにくくて外れやすいという困ったちゃんなのが痛いところ。

毎度おなじみのスタンドも当然付属しておりまして、基部とアタッチメント取り付け部の二箇所で可動するMS用と

完全固定のWR用の2種類の支柱が付いています。

MS用は、従来の股間に差し込む形式ではなく、本体背中に支柱のアタッチメントを取り付けて機首パーツで固定する、という方式。

取り付けるのは簡単だけど取り外すのが面倒なのが困り物。

 

Photo_124Photo_125

Photo_126Photo_128

縦に長いということで各所をアップにしてみました。

※追記 (6/29 23:00)

どうやら各方面で背中のスラスターを接続するジョイントの付け根が折れたと言う報告が見受けられます。

ボール軸を軽くやすりがけしておくといいでしょう。

 

で、変形のために

Photo_120

本体をここまでバラバラにして、各部を変形させ再接続すればWR形態に変形。

説明書がすさまじく分かりにくいのと、GFFではもはや避けられない宿命であるはずれやすい・付けにくいのせいで少々手間がかかります。

 

WR形態

本来MSが変形したらMA形態と呼ぶのが普通なのですが、エゥーゴの看板MSであるZガンダムの後継機と言うことで

ZⅡの変形形態はWR(ウェーブライダー)形態と呼ばれます。

Photo_121Photo_122Photo_123

かなりこぢんまりとした印象を受けるWR形態。Zガンダムよりもメタスの色が濃いのが伺えます。

そこかしこにロックはあるのですが、これがまた微妙に外れやすいところが多くていらいらさせられるかも。

スタンドを用いるには、変形途中でMS形態の股間部であったところにアタッチメントを挟みこんで固定し

支柱に取り付ける、という形になります。

Photo_129Photo_130

WR形態でもフル武装状態にできます。

 

 

Photo_131この画像に込められた意味、分かる人だけ分かってください

売れ筋のガンプラなんかではまずお目にかかれないだろうというMSが立体化される、というのもGFF系シリーズの魅力だと思われます。

クロスボーンガンダムX3(クロスボーンガンダムX1改改<スカル・ハート>とのコンパチ)のリリースが決まっておりまして、

ようやく揃うクロスボーンガンダムにも期待がかかります。

| | コメント (0)

2006年4月27日 (木)

Equip&Prop Vol.3 魔戒騎士ゼロ&魔導具シルヴァ G.F.F #0029 ゴッドガンダム&ノーベルガンダム

Photo_226

2つ買ってきたので2個まとめてレビューしちゃいましょう。

 

Equip&Prop Vol.3 魔戒騎士ゼロ&魔導具シルヴァ

育ての親と恋人を殺された恨みから黄金騎士ガロこと鋼牙を狙っていたが、後に暗黒魔戒騎士の仕業と知り和解、

良き相棒となりガロと共に戦った孤高の魔戒騎士ゼロ(絶狼)こと涼邑零。

今回は彼が唯一家族と認めているペンダントの魔導具シルヴァとのセットであります。

 

パッケージ

Photo_227Photo_228

ハデハデだったVol.1・Vol.2と違い、渋めの色合いでまとめられたパッケージカラー。

 

涼邑零

Photo_229Photo_230Photo_231

模型誌でのインタビューで中の人が「撮影前でまだふっくらしてたころにモデリングとられたから、今と比べると

ちょっと太めに見えちゃうね」とコメントしていたように、劇中イメージと比べちゃうとちょっとばっかし太め。

コートは背中の紋様もバッチリ入れられており、軟質素材製で足の可動を妨げません。

首から下げてるシルヴァは胴体と一体になっています。

Photo_232Photo_233

可動は首・肩・手首・胸・腰・股関節・膝・足首。基本的にVol.2コート鋼牙と同じです。

若干首の可動方向がおかしな感じで、動かないことも含めてポーズ決めに困らされます。

付属品は小振りの魔戒剣2本とその鞘に、握り手が左右。E&Pファン待望の左握り手は改造して鋼牙用にする人も出るかも。

 

Photo_234

こんな感じにバラして換装すると・・・

 

魔戒騎士ゼロ

零が召喚する銀の鎧をまとった姿。

Photo_235Photo_236

ガロに比べると若干少なめですが、それでも全身に気合の入った装飾と塗装が施されております。

Photo_237Photo_298

頭部と胸部のアップ。

頭部は目と額のクリスタルが朱色クリアで出来ています。またガロと同じくE&Pギミックとして口が開閉します。

胸部は中央の黄色い部分がクリアになっています。左右に伸びるリボンは別パーツ。

※4/29修正:腹のリボンは中央に向け先端を腰アーマーで隠すようにするのが正解です。皆様はお間違えのないようにご注意を。

Photo_239

可動は首二重・肩二重・上腕ロール・肘・下腕ロール・手首・腰・股関節・膝・脛ロール・足首

肩アーマーは腕側についていて胴鎧とは分かれてまして、その接続ジョイントと胴鎧が干渉して、ほんの少しですが肩の動きに制限が出ます。

Photo_241Photo_299 Photo_243

銀狼剣は刃がダイキャスト製で塗装・質感とも素晴らしい出来。劇中通り柄尻同士を合わせることも可能(片方のピンは抜く)。

※4/29修正:剣の合わせ方は刃が同じ方向を向くようにするのが正解でした。訂正しておきます。

今回は肩と手首のボールジョイントがかなり甘めのテンションなようで、持たせると重みに負けて垂れ下がってきます。

瞬間接着剤を薄く塗って厚みを付けるなどして強化しておくといいでしょう。

 

魔導具シルヴァ

Photo_244Photo_245

撮影で使われたシルヴァの型から作ったレプリカのプロップ。裏面は見てのとおり何の装飾もありません。

チェーンも付属しておらず完全に置物ではありますが、耳の間にあるわっかに自分で調達したチェーンを通して

実際に使ってみますか?

 

今後のラインナップには、Vol.4大河ガロ(非換装)・魔戒馬轟天・砂時計はもう模型誌でもサンプル公開まで至っていますが、

さらにVol.5暴走ガロ(タイムオーバーで闇に堕ち獣と化したガロ)&ダメージドザルバにVol.6暗黒魔戒騎士キバ&駆音のペンダント と

すさまじいまでのラインナップぶり。しかもこのあとさらに2種予定されているというのだから、もう一体どうしたんだバンダイは!?

 

 

Gundam Fix Figuration #0029 ゴッドガンダム&ノーベルガンダム

平成ガンダムとしては実にしばらくぶりのチョイスとなったゴッドガンダム。

発表当初は「まさかゴッドとノーベルのコンパチとかいうふざけた仕様じゃねぇだろうな!?」と危惧もされたが

その後「正規商品初の2体セット」という、どんな無茶な換装も時には設定を変更させてまで押し通したGFFにとっては

まさに奇跡としか言いようがない仕様が公開され一安心。

これまでのGFFはどちらかといえばフォルム優先というカトキチさんの弁とコンパチ万歳なバンダイの方針で

ちょっとしたポーズを構える程度にしか可動しませんでしたが、今回はバリバリの格闘モノであるGガンダムからのチョイスということで

GFFも本格的な可動を取り入れ新たな段階に進化・・・できるのかなぁ?

 

パッケージ

Photo_246Photo_247

Photo_248Photo_249Photo_250

毎度おなじみのGFFパッケージ。チェックポイントはいつもの顔面ズレと塗装。

裏面に書いてあるゴッドガンダムの必殺技も、大真面目に英語で書かれるととちょっと笑えてきます。

 

GF13-017NJⅡ ゴッドガンダム

ガンダムファイト第13回大会・決勝大会を搭乗者ドモンと共に全勝で戦い抜き、さらには

コロニーと融合したデビルガンダムまでも粉砕し世界の危機を救った最強のMFが

このゴッドガンダムであります。

Photo_251Photo_252

付属品は・ゴッドフィンガー用アームガード・ゴッドスラッシュ刃なし2本・ゴッドスラッシュ刃あり2本・展開用胸アーマー・可動軸付スタンド

差し換え手首は平手・持ち手・通常ゴッドフィンガー・クリアゴッドフィンガーが左右。

アームガードの爪は通常用・ゴッドフィンガー用とも可動し、二箇所の穴で通常時とゴッドフィンガー時を選択して取り付けます。

ゴッドスラッシュはサイドスカートに取り付け可能。ミゾに合わせてはめ込むので、しっかりはめておけば

そうそう落ちることもないでしょう。

背中のコアランダーも機首を取り外してではありますが取り外し可能。ウィングも展開します。

肩の横にあるマシンキャノンは開きません。

Photo_253Photo_254Photo_255

Photo_256200604272102

Photo_257Photo_258Photo_259

Photo_260200604272108_1

見よ!このとてもじゃないがGFFとは思えない驚愕の可動域!

首二重・肩引き出し・肩・上腕ロール・肘・下腕ロール・腰・股関節基部・股関節・大腿ロール・膝二重・足首二重と

GFFとしては異例の可動軸の多さと可動範囲を持っています。さすがに売り文句に可動を持ってきているわけではありません。

股関節180度展開・肩の引き出し軸が特にポージングに幅を与えています。

Photo_261Photo_262

コアランダーも前述のとおり取り外し可能。変形はしますが機首を取り外さないと装着できません。

 

GF13-050NSW ノーベルガンダム

登場の瞬間誰もが度肝を抜かれた、まさかまさかのセーラー服ガンダム。これがどうやったらウォルターに変わるんでしょうか・・・?

Photo_263Photo_264

付属品はビームリボン(サーベル)2本・ビームリボン(短)・ビームリボン(長)・可動軸付スタンド

リボン長短のビーム部分はクリア軟質素材で出来てます。

差し換え手首は角度付平手・チョキ・武器持ち手が左右。チョキとはまた珍しい手首がついてますね。

ちなみにノーベルの手首は手の甲にモールドが入っているほうです。ゴッドの手首とごちゃごちゃになったときは

モールドで区別しましょう。

Photo_265Photo_266Photo_267

ゴッドにはやや劣るもののこちらの可動域もGFFとは思えないほどのものです。

首・肩・上腕ロール・肘・手首・腰・股関節・膝・足首が可動。

ロボトイ派にとっては非常に珍しいであろうハイヒールのバランス取りに苦労させられます。

首の長髪が邪魔でこの状態では満足に動かせませんが、後述のバーサーカーモードでは長髪が後方に逃げるので

首の可動域が確保されます。

Photo_268Photo_269Photo_270

頭髪を差し換えてバーサーカーモードに。差し換えは少々めんどくさいです。

 

次は一部の人には「鋼丸のモチーフ」として有名なZⅡ(ゼッツー)やジムスナイパーが控えておりまして、

別ラインのジオノではガリバルディα&β、種では∞ジャスティスが出番待ちの状態。

今回の可動域が活かされた作りになるといいのですが・・・

| | コメント (0)